【防災の雑学】停電時にスマホを使って簡単に明るく明かりを照らす方法

防災・災害に役立つ情報

停電時に明るく明かり(照明)を照らすことができる雑学です。

停電時に臨時のライトを使っても、なかなか部屋を明るく照らすことは難しいですが、今回御紹介する雑学を利用すると簡単に明るく照らすことができます。

是非、停電時に利用して頂き、知り合いの方にも教えて頂ければと思います。

スポンサーリンク

停電時に明るく明かりを照らす雑学

停電時は明かりがないことで余計に不安になりますよね。

また、スマホが普及したとはいえ、スマホの明かりではスポットすぎて心もとないですよね。。。

ですが、以下で御紹介する雑学を利用すれば、スマホの明かりを何倍も明るくすることができます。

是非お試しください!

スマホの明かりを数倍にする方法

スマホの明かりを数倍にする方法は非常に簡単です。

スマホの上に水を入れたペットボトルを入れるだけです。

それだけで、スマホの光が拡散され、スマホの光が数倍の明るさとなるのです。

スポンサーリンク

応用例

お茶のペットボトルを照らす

上の例のように、透明な水ではなく少し濁りのある方が、より明るくなるという方もいらっしゃいました。

上の例ではお茶で試されていますが、少し幻想的でもありますよね。

スポンサーリンク

透明なビニール袋で光を覆う

上の例のように、明かりを透明なビニール袋で覆うことで、光が拡散されやすくなり、より明るくなるそうです。